接骨院で根本治療と自然治療をお勧めします

日本拳法の練習にて肋骨を骨折し、接骨院へ通った経験があります。

形成外科へ行くと先ず間違いなく手術と言われますが、私達運動部は骨折や捻挫、肉離れ等に関して、先ず形成外科へ行くことはありません。

部御用達の接骨院があり、最初は少々痛いですが時間をかけてしっかり治療してもらえます、完治後の状態が外科、形成外科等とは全く違い良好だからです。

治る過程が自然であり、完治後も科学医療とは全く違います。従いまして、今では子供の捻挫、骨折も病院へ行くことはありません。

私も、私の周囲も圧倒的に接骨院派が多く、少々の怪我では接骨院へ行きます。

また、接骨院であれば、その他の肩凝り等の治療もしてもらえるので比較的気楽に、それもかなり頻繁に行かせてもらっています。

最近では、何でも手術という傾向にあるようですが、そこまでする必要があるのか疑問です。

特に、総合病院にその傾向が多いようなので接骨院の治療を私はお勧めします。

私の知り合いは肩凝りで病院へ行き、肩に数本の注射をしたと聞きましたが、根本を整骨院で治療することが最良かと思います。