はじめての接骨院

私は27歳の女性です。運動習慣は特になく市民スポーツ大会に参加し、準備運動を行うこともなく年齢別地区対抗のリレーに出場しました。前走者からバトンの受けとり加速しているときに太ももの後ろにつっぱりを感じました。そのリレー終了後も違和感を感じたままエントリーしていた障害物競走にも参加しました。平均台から降りた際、先ほどのツッパリがあった部分に激痛が走り、走るのが難しくなり競技を途中で中断しました。沿道にいた大会参加者に肩をかついでもらい救護所に運ばれたところ、その場に居合わせたトレーナーの方に近所の接骨院を紹介してもらいすぐに行くことにしました。

いつもなら病院に行っていたのですが、トレーナーの方の紹介もあったので不安を抱えながら行ってみたところ、太もも周辺をみて肉離れのような症状で腫れもあるといわれ、すぐにアイシングをしてくれました。その日のうちはアイシングを繰り返し、過度な運動は控えるように指導され、また明日症状を見せにくるように言われました。

翌日起きると腫れはほとんどなくなり、痛みも前日ほどではなくなりました。その日も接骨院に行き先生に症状を見ていただいたところ、腫れもほとんどひいたのでとりあえず様子を見て3日後また来るように言われました。

3日後に行った時は家でもできる簡単なストレッチの方法を教えてもらいました。それから毎日教えてもらったストレッチをかかさず行ってます。痛みはなくなり柔軟性も増し、以前の私より足がスムーズに動くようになりました。

あの時接骨院を紹介してもらって肉離れの対処法もわかり本当に良かったと思います。

もし体の不調がある方は接骨院をおすすめします。